<<TopPageへ

不育症とは?

妊娠しても流産・死産・早産・新生児死亡を繰り返し、
赤ちゃんを抱くことが困難な場合があります。
これが不育症です。

一般に妊娠の10〜15%は自然流産になるといわれています。
これらは多くの場合、原因が赤ちゃん側にあり、いわば偶発的なものです。
したがって、一度流産しても、その次は出産することができる場合がほとんどです。

しかし、流産・死産・早産・新生児死亡が繰り返して起こる場合は、
偶然が重なったとは考えにくく、何か原因がある可能性も考えられます。

不育症や習慣流産(流産を3回以上繰り返すこと)の原因・治療法については、
近年の医学的研究によりようやくわかり始めてきたところです。
反復流産(流産を2回繰り返すこと)は偶然が重なった場合も多いのですが、
不育症の疑いもあります。検査を受けて原因を明らかにし、
そして医師と相談して無事出産に至った人が多くいます。

しかし、まだまだ情報は少なく一人で悩んでいる人も多いのが実情です。
また、周囲の人の何気ない言葉に傷ついたり、自分を責めたりすることにより、
苦しむことが多くあります。

「ハートビートくらぶ」は、
そのような不育症・習慣流産・反復流産患者を支援していくことを目指しています。